川村美術館 所蔵品

  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品
  • 川村美術館 所蔵品

「湖の夕べ」

川村美術館 所蔵品

P1-0069

『湖の夕べ』

クシシトフ クレンチャシュ(ポーランド)

油彩 50×71(15号相当)

90万58万

1951年 パヴィアニツェに生まれる。

建築技術専門学校で学んだ後、画家になることを決意。

努力家、且つ勤勉家の彼は、独学で学び描き、現在多くのコレクターによって作品を賞賛されるに至る。

ポーランド国内外の展覧会にて活躍中。

クシシトフ クレンチャシュは「湖の夕べ」で、雄大な湖と空を描いています。画面では静かな水面を夕日が照らします。画面の3分の2以上を占める空も、残照で染め上げられています。水面と空のシンフォニーです。この光景に魅了されたクシシトフは、作品を通じて、心の安らぎを漂わせます。独学で絵画を学んだ作家が求め続ける世界です。